雨ドイBの仕組み
満水になると、すき間がオーバーフローになります。
雨の強さ(雨量)で、すき間を設定するのではなく、家の屋根の大きさで、すき間を設定します。
大きな屋根の場合、すき間を広くします。
すき間を広くすると、せっかくの雨水を無駄にしているように思われますが、
私達が寝ている間も雨が降っていれば貯まりますので、すぐに満水になります。
すき間が狭すぎると、大雨の時、オーバーフローが間に合わなくなります。

雨どい B(弊社商品)は、径60mm(呼び寸法)ですが、メーカーによって若干大きさが違います。
雨どいのつなぎ目にすき間が出来る場合、口元にビニールテープを巻くといいです。
雨ドイB は、2,000円 で販売しています。(径は60mmのみです。)
TOPへ